midashi_torihikisaki2
有限要素法を用いた熱・応力解析により構造物の健全性・ 信頼性評価を行っています。
また、原子力分野では安全性向上と効率的経済的な運用を支援していきます。
原子炉施設事故時における確率論的リスク評価(PRA解析・再処理施設・レベル1~レベル3まで対応)及び放射性物質の大気拡散から一般公衆の被ばく評価までを一貫して行う体制を用意しています。
コード分野 コード名 内容
 PRA解析  Win-NUPRA  確率論的安全評価用解析コード
SAPHIRE 確率論的安全重要度評価用解析コード
有限要素法 FINAS 汎用非線形構造解析システム
ANSYS 熱流動構造解析ソフトウエア
NASTRAN 汎用構造解析ソフトウェア
 大気拡散  SPEEDI  緊急時環境線量情報予測システム
 WSPEEDI  広域大気拡散予測システム
 MACCS2  事故時大気拡散コードシステム

関連実績

・日本原子力研究開発機構の高温ガス炉の試験研究炉(HTTR)の設置変更許可申請の為の温度解析をFLEXPDE等で解析。
・PWRプラントのPRAモデルの損傷炉心頻度をWin-NUPRAコードで解析。
・PWRプラントを対象とした、レベル1.5PRAにおける重要度評価手法の整備。
・PWRプラントを対象とした、重大事故時のソースタームを用いたレベル3PRA解析。
・再処理施設を対象とした、重大事故時を想定としたイベントツリーの作成。